#285 Satoテーラーで宮城興業の靴をパターンオーダーしました その1

靴難民、ようやく理想の靴に出会う

ここ数年、靴の値段が驚くべきスピードで上がっています。

4年前に5万円で買えたサントーニのスエードの靴が今は9万円近くします(涙)

もう少し安定した値段で靴を手に入れることはできないものか?

数年かけていろいろ調べた結果、国内産の靴にたどり着きました。

輸送費も関税も販売店のマージンもいらない靴は値段が手頃で、しかも(国内の職人さんが一生懸命作っているので)質が良いです。

 

 

今回紹介する、宮城興業の靴は日常使いにぴったりな良靴です!

 

宮城興業の靴のオーダーの仕方

宮城興業の靴はパターンオーダーです。

オーダーの手順を説明していきます。

 

① 足の大きさを測る

メジャーを使って足の大きさを測ります。

足の大きさを測る

足の大きさを測る

足の大きさを測る

 

 

② ゲージを履く

次に、お店に用意してあるゲージを履きます。

D width では少し大きかったので、B width / C width を後日用意してもらうことにしました。

ゲージを履く

 

 

バリエーションがとても豊富です。

width B~Fまで8種類に対応しています。

豊富なサイズ展開

 

 

後日、B width / C width を取り寄せてもらい、ゲージを履き比べました。

B width / C width を用意してもらいました

 

 

B width だとかなり窮屈に感じました。

B width

 

 

今回は、C width でオーダーすることにしました。

C width

 

 

③ 革を選ぶ

お店にあるバンチから選びます。

下の画像の丸い革以外にも何種類かバンチがあります。

バンチから選びます

 

 

今回は黒のスエードを選びました。

今回はこれを選びました

 

 

中敷の革も選べます。

今回選んだ中敷

 

* 半弾を全敷に変更すると1,000円+税かかります(要確認)

 

 

④ デザインを選ぶ

お店に、靴の型を書いた小冊子が置いてあります。

こちらでも型を確認することができます → [ESデザイン ] [CSデザイン ] [MDデザイン ]

お店にリーフレットがあります

中はこんな感じになっています

 

「型番」→「オプション」 の順で決めていきます。

それぞれの型番にデザインが固定されています。

今回は、外ハネで4つ穴のスエードの靴が欲しかったので、『CS104文 』という型番を選びました。

木型は変更ができます(* 2,000円アップチャージ)

CSはノーズがかなり長いので、今回は程よい長さのESに変更しました。

 

 

こちらのサイトはとても参考になります → 『オーダーメイド 靴 メンズ モードハヤマ

今まで客がオーダーした靴だけでなく、最新の木型や靴底などの様々な情報を得ることができます。

僕は、2週間くらいかけて3回くらい念入りに読み込みました。

* 有料のオプションに関してはこちらをご覧ください → 『オプション価格

 

 

靴が出来上がってきました!

待つこと40日。(パターン)オーダーした靴が出来上がってきたので、紹介します。

まずは恒例の開封の儀から。

開封の儀

開封の儀

愛のある仕事、好きです。

靴が見えてきました

今回は黒のスエードの靴をオーダーしました

 

 

細部を紹介します。

製法は グッドイヤーウエルト方式です。中底に穴があかない限りリペアできます。

3〜4回のオールソール(底の取り替え)が可能だそうです。

真上から

横から

後ろから

 

 

靴底はゴム底を選びました。

これで雨の日にもガンガン履けます!

ゴム底にしました

 

 

コバの形状は数種類の中から選ぶことができます → [詳しくはこちら ]

今回は初めてなので無難な「平ら」を選びました

コバは平らにしました

 

 

ウエルトの溝の有無やステッチの色も選べます。

ステッチの色も選べます

 

肝心のお値段は?

今回オーダーした靴の値段は 38,800円 (木型変更代2,000円込み)でした。

何回か履いてみましたが、スニーカーのように快適なはき心地でした。癖になります。

この値段で、自分の思い通りの靴をオーダーできるなら、お手頃だと思うのですがいかがでしょうか?

 
 

なお「宮城興業」はショップがありません。取扱店でオーダーすることになります → [取扱店一覧 ]

 

 

はき心地が良かったので、春夏用のスエードのローファーもオーダーしました。

【追記】スエードローファーが出来上がりました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. #165 Ferranteのローファーを購入しました

    amazonを見ていたら、お得なFerranteを見つけました。こういう時はたいてい “29cm…

  2. #180 IL PULEDRO for FIVE ONE 銀座店…

    銀座にある IL PULEDRO for FIVE ONE(要:予約)で靴をパターンオーダーしてきま…

  3. #179 Scotch grain でセミブローグの靴を購入しま…

    Berwick, Yanko と何足か靴を買ってきましたが、もう少し探求してみたくて、Scotc…

  4. #186 セールでシューキーパーを購入しました

    2018年 セール報告今年のセールはかなり買い逃しました(涙目)● ミドルゲージのタート…

  5. #193 IL PULEDRO for FIVE ONE 銀座店…

    「#180 IL PULEDRO for FIVE ONE 銀座店で靴をパターンオーダーしました 」…

  6. #29 New balance FRESH FOAM ZANTE…

    15%OFFキャンペーン絶賛開催中!何気なく、アマゾンを見ていたら、こんな素敵な表示を見つけてし…

  7. #173 Berwick のダブルモンクシューズを買いました

    普段履いている、サントーニのダブルモンクストラップ(スエード)が傷んできたので、代わりの靴を買いまし…

  8. #18 Ferrante(フェランテ)の靴を購入しました

    Ferranteの憂鬱春から夏に向けて愛用する Ferrante が汚れてきたので、クリーニング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

銀座近郊に住む、洋服好きな男の日常を書いた雑記ブログです。

 

☆ 好きなもの ☆

 

● dress up
● 美味しい食事
● 美味しいデザート
● 素敵な音楽・映画
● 情熱を込めて作られた器
● マラソン

 

ペンネームは「アイスクリーム」です。

 

イラストはあくまでイメージです (笑)

高級時計は大人の嗜み

→ 詳しくは「#224 The Watch Company に行って来ました」をご覧ください

人気ブログランキング

ご覧いただきありがとうございました。 このブログはブログランキングに参加しています。ポチッと押していただけると、励みになります。
PAGE TOP