#78 WOLFGANG’S STEAKHOUSE に行ってきました

スポンサーリンク

ウルフギャング 六本木店へ行ってきました

美味しいステーキを食べようという話になり、ウルフギャング六本木店に行ってきました。

「前回(丸の内店の時)は具合が悪くて味を覚えていないので、もう一度食べたい」と言う彼女の意見を尊重し、ウルフギャング(今回は六本木店)に行って来ました。

WOLFGANG’S STEAKHOUSE 六本木

場所は、六本木のロアビルの裏手になります。

住所:東京都 港区 六本木 5-16-50 六本木デュープレックスM’s 1F
電話:03-5572-6341

お店の作り

丸の内店は縦にも横にも広く、開放的な作りになっています。それに対して、今回行った六本木店は細長い作りです。「細長い」とは言っても、通路を十分確保して、横に4〜5席あるのでそれほど圧迫感は感じません。お店が無駄にだだっ広くない分、一体感があるように感じられました。

予約に関して

六本木店は178席あるそうです。2週間前に予約をしましたが、満席でした(涙)さすが人気店なだけあります。週末は早めに予約するのが良さそうです。今回は18:00からの席が取れなかったので、19:30からの席を予約しました。

ドレスコード

HP には「スマートカジュアル」とあります。男性はジャケット着用・女性はワンピースなどの綺麗目な服装の人が多かったです。タキシードとかイブニングドレスの人はいませんでした(笑)ジーンズの人もいたので、綺麗目なら良いようです。

ちなみに、ネクタイをしていたのは僕を含めて3人だけでした。日曜日だったからかな?

WOLFGANG’S STEAKHOUSE の美味しい料理

Tボーンステーキの量がかなりあるので、頼みすぎないようにするのがポイントです。お肉をメインにして、他に一品を頼むくらいがちょうどいいでしょう。

● パン

黒糖・くるみ・オニオンガーリックのパン

パンは頼まずとも出て来ます。どのパンもとても美味しかったです。おかわりもできます。とはいえ、パンを食べ過ぎるとステーキが食べきれません。要注意です。

● ビール 各950円

ビール

グラスがキンキンに冷えていて美味しかったです。

● シーフードプラッター(ロブスター・シュリンプ・クラブミートの盛り合わせ)4,800円

シーフードプラッター

20cmくらいの台の上に置かれて供されます。手前の赤いソースは「シュリンプカクテルソース」だそうです。そのままでも美味しいですが、ソースにつけるとさらに美味しくなます。

個人的には「ジャンボシュリンプカクテル 2,800円」もおすすめです。

ジャンボシュリンプカクテル(前回食べたものです)

● STEAK FOR TWO(プライムステーキ 2名用) 16,000円
● マッシュポテト 1,200円

ウルフギャングに来たらやっぱりこれ!!
Tボーンステーキなので、ヒレとサーロインの味を楽しむことができます。お皿は熱々です。取り分ける手元の皿も熱々です。細かいところまで手を抜きません。

Tボーンステーキ(2人前)

量が多いので、これだけでお腹いっぱいになります。男性2人なら問題ないのですが、女性と行くときは食べきれない可能性があるので “ど”空腹で行ってください(笑)3人くらいでシェアしてもいいかもしれません。

店員がサーブしてくれます

最初は店員がサーブしてくれます。左がヒレで右がサーロインです。今回はミディアムレアで注文しました。(「熟成肉なので、赤身を楽しむと良い」とネットにあったのですが、個人的にはもう少し焼いてもよかったかなぁ〜、なんて思ったり、思わなかったり)

食感ですが、舌に乗せた瞬間にとろける・・・という感じではなく、噛み応えがあり、噛めば噛むほど肉の美味しさが口に広がる感じでした。飽きたら、卓上の塩・胡椒・ステーキソースで味を変えて楽しめます。

味付けはシンプルで、バターの風味?が感じられるくらいです。ニンニクは使ってないようで、翌日も爽やかに過ごせます(笑)

ステーキソース

塩と胡椒は形状からか?油が飛び跳ねているからか?かなり滑りました。隣の席に飛ばしてしまわないよう、優しく振りかけましょう(笑)

一緒に頼むとしたら「マッシュポテト」か「クリームスピナッチ」(ほうれん草をバター・ニンニク・生クリーム・塩胡椒で煮詰めたもの)がオススメです。フライドポテトは量がものすごいので(2人だと)食べきれない可能性があります。(隣のテーブルのカップルは盛大に残していました)

● クレームブリュレ 1,200円

クレームブリュレ

お皿の直径は12~3cmです。結構大きいので、2人でシェアしてもいいかもしれません。味は文句なしでした。おすすめです。

実は・・・

実は、当日は彼女の誕生日でした。

ウルフギャングに予約の電話を入れる時に「誕生日なので、ケーキのようなものを用意してください」と言うと、店側から「バースデーソングはどうしますか?」と聞かれます。「お願いします」と伝えると、食事が終わってデザートが来る時に、店員(今回は10人くらい)が席の周りで“♫Happy Birthday to you, ♫Happy Birthday to you ~” と大合唱をしてくれます。

今回ももちろんお願いしました。10名くらいの店員さんが大きな通る声で歌ってくれました。恥ずかしい?いや、誕生日ですから、大げさに行きたいものです。今回、滞在した2時間の間に10回くらい “Happy BIrthday” を聞きました。皆、楽しそうでした。

今回のバースデープレートには、ティラミスとチーズケーキと自家製の生クリーム(2つ)がのっていました。

このプレートは事前に相談すれば他のものと交換できるようです。隣のテーブルはパフェに花火が刺さっている(お誕生日)プレートでした。

肝心のお値段は?

今回は、合計で35,283円でした。

【内訳】
・Assorted  2,000円(←最後のケーキのプレートのことか?)
・Beer×2  1,900円
・Seafood Platter  4,800円
・Steak for two  16,000円
・Mashed Potatoes  1,200円
・G.Pinor Noir  1,500円(← グラスワイン)
・Coffee  550円
・Tea  550円
・Creme Brûlée  1,200円
・10% Charge(← チャージがかかります)

お酒を飲むと一人2万円くらいかかるかもしれません。

まとめ

少々高いですが、話のネタに一度は行ってみるのもいいかもしれません。「ウルフギャングで熟成肉食べて来た!えっへん!」と職場で自慢できるでしょう(笑)

肉に関しては好みが分かれるところだと思います。日本人が思っている「舌でとろけるようなステーキ」ではありません。アメリカ人が思う、噛み応えのあるボリューム満点のステーキです。

そんな感想をパートナーと話すのも楽しい時間であったりするわけです。

おまけ

ステーキを運ぶときに、店員が何かを大声で叫んでました。運び方に個性があって面白かったのですが、肝心の文言が聞き取れませんでした。

店員に聞いてみたところ「テーブルナンバーと “Sizzle”「油がじゅうじゅう言う」の進行形、“Sizzling”と言っている」とのことでした。高温で、油もはねるので、周りに注意を喚起する意味で叫んでいるとのこと。

トップへ戻る