#275 Mikuni Marunouchi で食事をしました

彼女の誕生日とクリスマスを兼ねて食事に行ってきました。

今回選んだお店は『Mikuni Marunouchi 』です。

 

 

実は、去年のクリスマスディナーも Mikuni Marunouchi でした。去年の話はこちら。

場所

住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア ANEX 2F
電話:03-5220-3921

Mikuni Marunouchi の場所

 

東京駅と有楽町駅の中間になります。
1F「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店」のパン屋が目印です。
Mikuni Marunouchi はこのパン屋の向かいの棟の2Fになります。

 

 

外観

中通りからブリックスクエア入るとすぐにこの看板が見えます。
奥のエレベーターを使って2Fに行きます。

1Fには看板がありました

入り口にメニュー表が飾ってありました

 

 

料理紹介

今回は、「ミクニ マルノウチ 9周年記念 三国清三監修 スペシャルメニュー」(1人 12,600円 税込・サービス料別)をいただきました。

 

 

飲み物

彼女はワインセット(5,000円)を注文しました。

料理に合わせて「シャンパン・白・赤・赤ワイン」を飲めてごきげんのようでした。

僕は、フルーツのカクテルと「練馬金子ゴールデンビール 」(→ とってもフルーティー。おすすめ)を飲みました。

フルーツのカクテル

ビール

 

 

 

イタリア産キャビアのスープと三鷹茄子

うずらとキャビアの下には焼きなすが敷いてありました。

赤いゼリーはビーツだそうです。

ナスの甘さとビーツのさっぱりした味とキャビアの塩気のバランスが絶妙でした。

イタリア産キャビアのスープと三鷹茄子

 

 

 

ハンガリー産フォアグラのフュメ ソーセージ仕立て アーモンドと生姜のクランブル 東京野菜のコンポジション

フォアグラの燻製にパン粉(クリスプ)がまぶしてありました。臭みがなく、美味しくいただけました。

野菜には薄味のヴィネグレットソース(酢+サラダ油+塩、コショウ)がかけてありました。

フォアグラ

 

 

 

長崎県のどぐろの鬼笠仕立て 海藻風味 八王子葉付き大根の煮込み

のどぐろは皮までパリパリでした。スープはだしになっていました。

お店の人曰く、フレンチのシェフがおでんを作るとこんな感じになるとのこと。

のどぐろ

 

 

 

シェフのスペシャリテ

ランイチ」(お尻の方のもも肉)という珍しい部位だそうです。

レアに近かったですが、嫌な生臭さはありませんでした。

噛むほどに、口の中に牛肉の香りが広がりました。幸せな時間でした。

野菜はシャキシャキで、素材を活かす調理が施されていました。

スペシャリテ

 

牛肉は裏切らない(笑)

 

 

 

チーズ盛り合わせ

彼女はデザートの前にチーズ盛り合わせ(1,200円)を食べていました。

チーズ

 

 

 

西東京タイムのグラスとピスタチオのフィナンシェ トリュフ仕立て

最後の食事からデザートまで30分ほどかかりました。

厨房を覗いたら、シェフはおらず(?)、てんてこ舞いのようでした。

「次は何かな?」と待っていると・・・

 

最後にデザートが出てきました。

ドーム状のチョコの中にはアイスが入っていました。

赤い三角のパウダーはフランボワーズでした。

手の込んだデザートでした。

デザート

この日は彼女の誕生日会でした

 

画像を撮り忘れたのですが、この後に、コーヒーとフィナンシェ・マカロンなどが出てきました。

 

 

 

まとめ

肝心のお値段ですが、

・ ミクニ マルノウチ 9周年記念 三国清三監修 スペシャルメニュー 12,600円×2
・ フルーツカクテル 1,800円
・ 練馬金子ゴールデンビール 1,080円
・ ワインセット 5,000円
・ ミネラルウオーター(OREZZA) 1,100円
→ コルシカ島の炭酸水です。気泡が細かくてシャンパンを飲んでいるかのようでした。
・ チーズ 1,200円
・ サービス料 10%

合計 38,915円 でした。

 

来年も、美味しいものが食べられるように、しっかり働こうと思います!

 

 

 

おまけ

内緒の話です。この部分はすぐに消してしまうかもしれません。

 

ここだけの話、前回の方(→ #181)が満足度が高かった気がします。

今回は「ナスとキャビア」「フォアグラ」「のどぐろ」「牛肉」「デザート」でしたが、

前回は「フォアグラ」「イワシのマリネ」「ホタテ」「カサゴ・タイ・小松菜・小かぶ・ロマネスコ・赤座海老のブイヤベース」「牛肉(ソースは濃いめ)」「ホールケーキ(12cm)」 でした。

食材の違い・好みもあったのですが、今回は、店員さんの「おし」が少し強いかな?とも感じられました。

コース以外にあれやこれやと勧めてくるので、テーブルがざわざわとした雰囲気になっていた気がします。

 

関連記事

  1. #57 たまにはナイトクルーズで非日常を味わうのはいかがですか?…

    The Cruise Club TOKYO でナイトクルーズを楽しんできました『#48 T.Y.…

  2. #229 新橋の「ステーキてっぺい」で美味しいステーキを食べてき…

    今回紹介するのは、僕が一番好きなステーキ店です。とっておきです。皆さんにもぜひ食べてもらいた…

  3. #113 銀座「オールド・デリー」で美味しいカレーを食べました

    「うん、うまい!」と唸る極上カレー銀座(1・2丁目が多い)にはカレーの有名店が何店舗かあります。…

  4. #32 丸の内「カオタイ」で美味しいタイ料理はいかがですか?

    東京駅周辺のショップ回りの後に・・丸ビルのビームスHOUSEの帰りにタイ料理が食べたい事ってあり…

  5. #78 WOLFGANG’S STEAKHOUSE …

    美味しいステーキを食べようという話になり、『ウルフギャング六本木店 』に行ってきました。&n…

  6. #171 古奈屋(カレーうどん)

    東京駅周辺のショッピングの後に・・丸の内をショッピングした後で、カレーうどんを食べたくなることっ…

  7. #127 日本料理の名店、銀座「うち山」に行ってきました(ランチ…

    名店「うち山」で食す極上の日本料理たまには美味しいものを食べようという話になり、銀座「うち山」に…

  8. #11 ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店に行って来ました

    バレンタインデーに Brasserie VIRON 丸の内店に行ってきました。ここはランチですら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

銀座近郊に住む、洋服好きな男の日常を書いた雑記ブログです。

 

☆ 好きなもの ☆

 

● dress up
● 美味しい食事
● 美味しいデザート
● 素敵な音楽・映画
● 情熱を込めて作られた器
● マラソン

 

ペンネームは「アイスクリーム」です。

 

イラストはあくまでイメージです (笑)

高級時計は大人の嗜み

→ 詳しくは「#224 The Watch Company に行って来ました」をご覧ください

人気ブログランキング

ご覧いただきありがとうございました。 このブログはブログランキングに参加しています。ポチッと押していただけると、励みになります。
PAGE TOP