#10 オーダージャケット その5

スポンサーリンク

オーダージャケット @ Loudgarden

ジャケットが出来上がって来たので紹介します。
今回も Loudgarden でオーダーしました。値段は14万円でした。

前から

前から

注:PCやタブレットでご覧の方は画像をクリックすると拡大することができます。

後ろから

後ろから

今回は冬物のジャケットをオーダーしました。
生地は “VITALE BARBERIS CANONICO”(カノニコ)です。
柄はグレンチェックで、(分かりづらいですが)ライトブラウンのペーンが乗っています。

今回もこだわり満載の仕様になっています。

ボタンは5つ、手前から2番目のボタンホールをブラウンにしました

ボタンは5つ、手前から2番目のボタンホールをブラウンにしました。本切羽仕様です。

ピークドラペルが最近の好みです

ピークドラペルが最近の好みです

肩は盛り気味にロープトショルダーです

肩は盛り気味にロープドショルダーです

ライニングはジャカードのハウンズトゥースです。総裏仕立てにしました。

ライニングはジャカードのハウンズトゥースです。総裏仕立てにしました。

オーナーの岡田さんが撮ってくれた ブログ用の写真 が一番良く撮れていたので、紹介します。これが一番、本物に近いです。

フロントカットはカッタウェイにました。着丈は少し短くしています。

フロントカットはカッタウェイにました。着丈は少し短くしてあります。

ちなみに、オーダーした時についてくるハンガーは「マイネッティ」の黒のようです

今までにオーダーしたジャケット

2012年8月に鹿の子のシャツをオーダーして以来、ジャケットは5着、スーツは6着、シャツはたくさん(笑)オーダーしてきました。

今までオーダーしたジャケット達

今までオーダーしたジャケット達

濃紺のジャケット:着用回数No.1。永遠のスタンダードです。

茶色のジャケット:新宿伊勢丹の本館の店員さん(男性)がかっこよく着ているのを見て真似てみました。ライトグレー、アイボリー、白のパンツ に合わせて着るといい感じです。

デニムジャケット:これを作れるテーラーをずっと探していました。Loudgarden ならデニムの種類も豊富です。9万円くらいでした。ラルディーニのジャケットより安価で、自分の好きなようにオーダーできます、もちろんジャストサイズです!なんということでしょう(笑)

濃紺のウィンドペーンジャケット:秋冬物です。この時期重宝します。

グレーのグレンチェックのジャケット:今回紹介しているジャケットです。

今年の後半のテーマは グレーのグラデーション です。「ライトグレー」や「チャコールグレー」のシンプルなジャケットをオーダーする予定です。

LOUDGARDEN 紹介

いつもお世話になっているテーラーのLOUDGARDENは南青山4丁目にあります。定休日は水曜日と木曜日です。最寄りの駅は外苑前です。

行き方:
① LOUNGE by Francfranc (ラウンジ バイ フランフラン)の前の外苑西通りを六本木方向(青山墓地の方向)へ3分ほど歩く。
② 信号を一つ越える。そこから65歩くらい進むと到着。

お店はロックな感じでかっこいいです。

外観

外観

内装1

内装1

内装2

内装2

こんな紹介PVもあります。

Loudgarden で作る意味

エッジの効いたロックなスーツ・ジャケットを作ることもできるLoudgarden。
なぜ、会社員の自分がここでスーツを作るのか?
その答えは2015年3月にオーダーしたこのデニムジャケットにあります。

デニムJK

デニムJK

裏地の背を抜いてオーダーしました

裏地の背を抜いてオーダーしました

下から2つ目のボタンホールを赤にしました

下から2つ目のボタンホールを赤にしました

普通の人なら「ロックなテーラー」=「個性が強い」=「仕事着には不適」と考えるかもしれません。でも、僕自身はそうではなくて、「ロックなテーラー」=「その技術の一部を使って、奇をてらわない程度の個性も演出できるはず」と考えました。結果、大成功でした。

デニム素材、袖の5つボタン、前の一つボタン、カッタウェイなどは同価格帯のテーラーではなかなかやってくれない仕様です。「ロックなテーラー Loudgarden」ならではです。詳しくは、HPfacebook などを見てください。こだわりのある人は気に入ってくれると思います。

トップへ戻る