#243 エルメス「彼女と。」に行ってきました

2018年7月11日から30日まで国立新美術館(乃木坂駅直結)で開催されているエルメスの体験型展覧会「彼女と。」に行ってきました。

セリフの言い回し、内容、洋服、備品、モデルさんの容姿・立ち振る舞い、どれをとってもエルメスらしいものでした。

ウィットに富んだ、フランス映画を見ているような印象(* 特に「内容」)を受けました。

 

 

予約が必要です

「彼女と。」自体は無料なのですが、『HP 』から予約する必要があります。

下の画像は予約状況です。

画面では埋まっていますが、時折辞退する人がいるので、画面が予約可の表示(△)に変わります。

どうしても行きたい人は、その時を狙って予約するのも手です。

(* すぐに埋まります、記入事項をペーストしておくと良いでしょう)

 

予約状況

 

 

「彼女と。」体験レポート

今回は16:00の会に参加しました。

16:00の会に参加しました

今回はエキストラとして参加しました

係りの人が携帯のチケットにスタンプを押すと、画面上にも赤いスタンプが現れました!

 

 

映画館

まずは映画館からスタートです。時間にして5分くらいでした。

ここで、今回のストーリーは「ある作家が忘れられない女性を追いかける話」であることをガイドから伝えられます。

* 概要は入場時にもらう冊子の「ROOM T のページ」にも書かれています。

映画館の入り口

映画から

 

 

STAGE1

作家が彼女の友人と対面するシーンです。

彼女の友人は、作家に彼女との思い出を語ります。

* 作家の役(右の人)を一般の人(ACTOR)が演じます。ネットから応募できるようです。

STAGE1

エルメスがあちらこちらに

 

 

STAGE2

NYの自宅に帰ってきた彼女の恋人が、パリにいる作家にスカイプで連絡を取るシーンです。

* 演者のモデルさんが長身のイケメンだったので、女性がザワッとしていました(笑)

STAGE2

衣装はもちろんエルメスです。

 

 

STAGE3

作家が隣人である花屋を訪れるシーンです。

彼女がどんな人であるかを花屋の女性店員が語ります。

STAGE3

細かいところまできちんと作られていました

 

 

バックステージ

ステージ3の次はバックステージに案内されます。

ここで10分間自由時間を与えられ、ステージの舞台裏に置かれたエルメスの衣装などを見ることができます。

* 少しでも衣装・展示物に触ると、係りの人に注意されます。

バックヤード(* ヘア&メークブース)

バックヤード(ストックブース)

バックヤード

バックヤード

バックヤード

 

 

STAGE4

ステージ4は波打ち際のセットです。

友人による回想シーンを撮影したセットが展示されています。かなり大きなものです。

このシーンの撮影は終了していて、前にあるモニターにその内容が放映されています。

ステージ4

 

 

STAGE5

ステージ5は映画館裏の駐車場のセットです。実物の車がセットの中に置かれています。

ここは恋人が語った回想シーンです。

このシーンも撮影はなく、モニターで内容を確認します。

STAGE5

 

 

STAGE6

彼女が開いた屋根裏のパーティーのシーンです。

観客も招待客として参加します。

入り口でプラスチックのグラスをもらい、乾杯をします。

このシーンは写真撮影もします。パスの裏にあるQRコードで確認できます。

STAGE6

モデルさんの衣装はエルメスです

 

 

STAGE 7-A

ステージ 7-Aは彼女の家の前のセットです。

作家が彼女の妹に会い、彼女から託された手紙と家の鍵を受け取るシーンです。

ここではリハーサルシーンを見ることができます。

STAGE 7-A

 

 

STAGE 7-B

ステージ 7-Bは彼女の家のセットです。

彼女はそこにおらず、部屋にあるものから彼女の人となりを発見するというシーンです。

* ここで、係りの人が「中に入りたい人はいますか?先着1名です」と言います。入りたい人は大きな声で「はい」と言いましょう。

STAGE 7-B

細かいところまで丁寧に作られていました

彼女の部屋の中です(エルメスの世界観が表現されています)

 

 

まとめ

今回僕たちが行った「彼女と。」はエルメスの世界が凝縮された体験型展覧会でした。

無料の展覧会であるにも関わらず、一切妥協せず、細かいところまで丁寧に作り込まれていました。見るものを驚嘆させるレベルです。エルメスのものづくりへ情熱がよく分かるものとなっていました。

 

 

今回感じたことなのですが、「彼女と。」に行かれる方は、事前にブログや動画で内容を予習したほうが良いと思います。

あっという間に話が終わってしまうので、「気づいたらエルメスの洋服を見ただけ」という状況になりかねません。

また、一般の方(ACTOR)の方のセリフが頭に入りづらいので、注意して聞いてください。

ACTORのセリフも今回のエルメスの世界の重要な一部分です。(* STAGE7-Aは特に注意)

かなりの方がブログや動画をアップしているので、検索して読んでみてください。より濃厚な時間を過ごせると思います。

 

 

おまけ

今回、僕たちが行った日は、台風が本州に直撃し、一歩間違えれば、帰宅の足がなくなってしまうような雨風の強い日でした。

とても外出して展覧会を見に行くような日ではなかったのですが・・・

 

会場に行って見たら、満員でした。エルメスの偉大さを再認識しました。

2018年7月28日  本州に台風が直撃しました

 

 

 

関連記事

  1. #16 Billboard classics festival …

    Billboard classics に行ってきましたホワイトデーのお返しも兼ねて、Billbo…

  2. #199 Billboard Live TOKYOで行われた『大…

    夢の時間ず〜っと行きたいと思っていた「大野雄二氏 」のライブにようやく行けました。洒落たライ…

  3. #70 『機動戦士ガンダム The Origin Ⅳ 運命の前…

    機動戦士ガンダム The Origin Ⅳ 運命の前夜 を見てきました2週間限定で上演される「機…

  4. #104 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 を見てきまし…

    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち を見てきました2017年2月25日から3月10日に2週間限…

  5. #222 機動戦士ガンダム The Origin Ⅵ 誕生 赤い…

    ついに、『機動戦士 The Origin』 シリーズが完結しました。「キャスバル・レム・ダイ…

  6. #233 体験型テーマパーク teamLab Planets T…

    最近、テレビ、雑誌、ネットなどでしきりに特集が組まれている teamLab Planets Toky…

  7. #218 Billboard classics 玉置浩二 Pre…

    2018年5月31日(木)に東京国際フォーラム(Aホール)で開催された、Billboard clas…

  8. #109 ルパン三世シリーズ『血煙の石川五エ門』を見てきました

    ルパン三世シリーズ『血煙の石川五エ門』を見てきました2017年2月4日から4週間限定で上演された…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

銀座近郊に住む、洋服好きな男の日常を書いた雑記ブログです。

 

☆ 好きなもの ☆

 

● dress up
● 美味しい食事
● 美味しいデザート
● 素敵な音楽・映画
● 情熱を込めて作られた器
● マラソン

 

ペンネームは「アイスクリーム」です。

 

イラストはあくまでイメージです (笑)

高級時計は大人の嗜み

→ 詳しくは「#224 The Watch Company に行って来ました」をご覧ください

人気ブログランキング

ご覧いただきありがとうございました。 このブログはブログランキングに参加しています。ポチッと押していただけると、励みになります。
PAGE TOP