#94 bubó VARCELONA 表参道 で美味しいケーキとチョコを購入しました

スポンサーリンク

bubó BARCELONA 表参道本店 に行ってきました

振り返ること3週間前「サロン・デュ・ショコラ 2017」で出会った “bubó BARCELONA”の美味しいチョコを再び食すべく、表参道店に行ってきました。

bubó BARCELONA 表参道本店の場所

お店は表参道を一本奥に入ったところにあります。

住所:東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道B棟
Tel:03-6427-3039
休み:不定休

そばに “DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO”(ドミニクアンセルベーカリートウキョウ)の大行列ができていますが、そちらではありません。

お店の様子

おしゃれな店舗です。

1Fがショップ、2Fがカフェになっています。

綺麗なショーケースに美味しそうなケーキが並んでいました。

彼女はやたら、床を褒めていました(笑)

bubó BARCELONAの美味しいケーキ

今回は4つ買ってきました。(右下のチョコは、インスタグラムをフォローしたらもらえます)

左が「シャビーナ」という看板ケーキです。先日、「王様のブランチ」でも紹介されていました。お店によると、

厳選された素材の味が複雑に絡み合い、お口の中に優雅な風味が広がる、パティシエの世界大会で “Best Chocolate Cake” を受賞した Xabina(シャビーナ)。
特徴は、天然バニラシロップを染み込ませたスポンジ生地と、そこに敷いた品物やcクローブなどのスパイスを混ぜたオリーブオイルケーキ生地。天面にはチョコレートのマカロンをトッピングしています。一口ごとに異なる複雑で奥深い味わいや食感をお楽しみいただけます。

断面の写真を撮るのを忘れました(汗)次回買ったらこの辺に追記します。

右は「ナメラカ」というケーキです。お店によると、

濃厚で深みのある香りが特徴の高級豆「トンカ」を使用したクリームを中心に、底にはクレプ生地とフィナンシェ生地を敷きました。
天面に乗せられたチョコレートクリームの舌触りが日本語の「なめらか」のイメージにぴったりだったことから、namerakaと名付けられたケーキです。
いくつもの異なる食感の異なりと、2種のクリームで絶妙にまとめ上げられた奥深さをお楽しみください。

横のチョコを取るとこんな感じです。生クリームとフィナンシェがいいバランスです。食べたくなったでしょ?(笑)

ケーキを食べた感想

左の看板ケーキ「シャビーナ」はチョコが濃厚すぎて僕には少し苦く感じられました(汗)彼女は、コーヒー片手に美味しそうに食べていました。そして「また食べたい!」と騒いでいました(笑)ちなみに値段は864円でした。

右の「ナメラカ」というケーキは、クリームが程よい甘さで美味しかったです。上はパリパリ、中はしっとりと食感が違うフィナンシェも味がしつこすぎず、生クリームとマッチしていました。全体的に程よい甘さで大人のケーキといったところでしょうか?ちなみに値段は799円でした。

ケーキよりもオススメのもの

ケーキも美味しかったのですが、今回は、もっとオススメしたいものがあるんです。

これです!その名を「チョコフルーツマカダム」と言います。

お店のHPによると

大粒のマカデミアナッツを丁寧にキャラメリゼし、バニラが香り立つホワイトチョコレートでコーティングした

とのこと。癖になる味です。お店の人も一番人気と言ってました。

ただし、お値段が・・・・

100g 2,592円190g 3,996円 もします。

美味しいのでパクパク食べているとあっという間になくなってしまいます。そして値段を考えると少し悲しくなります。

表参道の本店に来れない人は通販もやっているようなので、興味があればどうです?美味しいですよ。 → [bubó BARCELONA 公式HP]

彼女の一押しはこれです。

「ガレットクッキー ミルククランチ」2,160円です。

お店のHPによると

クッキー生地に細かいナッツを乗せて丁寧に焼き上げ、チョコレートでコーティングしたクランチ、アクセントに加えた海塩が口全体に心地よい余韻を残します

とのこと。市販されているミルククランチよりも味が上品で、甘いのが苦手な人も楽しめると思います。

記事書いていたら食べたくなってきたぁ。

トップへ戻る