#108 間接照明の電球をLEDに変えてみた

スポンサーリンク

電気代が気になってあまり使っていなかった間接照明をLEDに変えてみた

我が家には3つ間接照明があります。引っ越した当時、おしゃれな部屋にしようと、頑張って購入したものです(笑)

はじめの頃はつけていたのですが、思いの外、熱を発するので、怖くなってコンセントを抜いてしまいました。

その後数年使わなかったので、廃棄するか悩んでいた時、たまたま見ていたテレビ番組で「LEDは消費電力も低く熱を発しない、しかも長寿命。長い目で見たら断然お得!」と言っているのを耳にしました。

「どうせ捨てる予定の照明だし。ダメならダメでブログのネタになるし、物は試しに買ってみるか」ということで、今回のLED電球に至りました。

我が家にある間接照明の紹介

そのうちの2つはこれです。テレビの両端においてあります。我が家では「うねうね」と呼んでいます。

もう一つはこれ。「カルテル」の「トゥービー」です。

それぞれの間接照明に対する不満

最初に紹介した「うねうね」は熱を発する(かなり熱くなります)わりに明るくないんです。40Wの電球3個なりの明るさにしかなりませんでした。

我が家のリビングはシーリングライトをつけていないので、間接照明は少し強い光を放って欲しいと思っていました。

逆に、オレンジの「トゥービー」は、明るすぎました。この照明は仕事部屋に置いてあるので、薄暗いくらいがちょうどよかったんです。

LED電球を買ってみた

アマゾンでLED電球を買いました。

白い「うねうね」用には「アイリスオーヤマ」のLED(60W)を3セット(6個分)を購入しました。広い範囲を照射して欲しかったので、「広配光タイプ」を選びました。

値段は2個で1,580円でした。

お値段は少し張りますが、LED1個=白熱電球40個 の寿命があると考えれば安いものです。電気代も大幅に節約できるそうです。

オレンジの「トゥービー」には弱い光のLEDを買いました。弱い光が希望だったので、ほのかに光る「乳白色」を選びました。

値段は、1個で1,424円でした。

問題発生!問題発生!

「一件落着!」と思いきや、問題が発生しました。

白い「うねうね」のソケットには、「40W」と表示されているではありませんか。今回、「60W」のLEDを購入してしまいました(汗)

これでは使っているうちに熱くなりすぎてソケットが溶けたり、発火したりするのではないかと心配しました。

「買い直しかな?4,000円くらい使ったんだけどなぁ」と落胆しつつも、調べてみました。同じ心配をしている人が他にもいるようで、

40Wのところに60WのLED電球をつけても大丈夫か?」と言う質問をしている人を数人見つけました。

答えは、「60WのLED電球の消費電力は8W程度なので問題ない」とのことでした。ホッとしました。

とはいえ、何かあったらいけないので、間接照明をつけるのは在宅時のみにしています。今後、発火などの事件が起こったら、ここに [追記] します。

LED電球に変えてみました

どう変化したかお見せします。

まずは、白い「うねうね」から。これは暗かったので、明るくなるような電球を選びました。左が40Wの白熱電球。右が60WのLEDです。(携帯電話でご覧の方には上下に並んで見えます)

次に、オレンジ色の「トゥービー」の変化です。こちらは暗くなるような電球を選びました。

最終的にこうなりました

最終的に我が家のリビングはこんな感じになりました。間接照明と緑のパキラ(#36 パキラ 植え替え)と立てかけてある赤い絵がいいコントラストになりました。

6,164円で廃棄予定だった間接照明が蘇りました。よかった、よかった。



本当は下の「Philips Hue(ヒュー) スターターセット」を購入するつもりでした。お値段で躊躇してしまいました(汗)次回、電球を変える時はこれにチャレンジしたいです。

トップへ戻る