#37 SEEK v.s. AIRism 肌着

7月下旬になると、関東でも梅雨が明け、連日30度以上の猛暑が続きます。汗対策は欠かせません。
汗を拭くボディータオルに関しては、『#35 Mintleap BODY COOL SHEET 』の記事で触れたので、今回は、肌着について考えてみたいと思います。

永世定番“SEEK”と新興勢力“AIRism”を比較します。
ちなみに、グンゼの調査によると、日本人男性の93%がYシャツの下に肌着を着るそうです。

 

 

SEEK研究

SEEKは大阪の会社である、「グンゼ株式会社」が製造している紳士用肌着です。
意外と知られていませんが、2015年に「GOOD DESIGN AWARD」受賞しています。

特徴としては、「肌着の段差の極小化」が挙げられます。
● カットオフ…生地の端(袖、首周り、裾)を切りっ放しの状態で仕上げる加工
● 縫製技術 … 完全無縫製商品にする「接着技術」を開発。横の縫い目がない。
● 肌着の色 … 肌の色に同化し、白いYシャツの下でもうつりにくくするベージュを採用
● 洗濯タグ… 洗濯表示を転写マーク化する

GOOD DESIGN AWARD のHPより引用・要約

SEEKの『HP 』にも「こだわりの仕様」としてこれらが紹介されています。
日本のメーカーらしく、真面目に、素材、シルエット、縫い方などを研究し、見事な商品を作っています。
カンブリア宮殿」のHPによると、伊勢丹メンズ館B1の下着売り場だけで、SEEKの売り上げが年間4,000万円あるそうです。

 

残念なことに、丁寧に製作している分、値段が少々お高めです。
一番安いもので3,000円程度、高いものだと5,000円程度の物まであります。
こんなに高価でなければ、他に目が行くことなかったのですが…

 

 

トルソーに着せてみた

SEEKをトルソーに着せてみました。深いVネックになっているので、第3ボタンまで開けても肌着は見えません。
ちなみに、第4ボタンまで開けると2cmほど肌着が見えます。

SEEK 正面

SEEK 正面

 

 

肩に縫い目はありますが、脇には縫い目がありません。

SEEK側面(裏)

SEEK側面(裏)

 

 

タグが生地に転写されています。脇がチクチクしません。

SEEKタグ

SEEKタグ

 

 

肌着の上にYシャツを羽織ってみました。
上から強い光を当てているので、肌着が目立ちますが、実際には、ここまで透けません。

SEEKをYシャツに合わせる

SEEKをYシャツに合わせる

 

サイズは以下の通りです。ともにLサイズの寸法です。
ちなみに、〔通常サイズ〕は、袖がかなり長いので、半袖Yシャツだと、肌着が見えてしまうかもしれません。
夏は、半袖のシャツに合わせられるように〔袖短め〕タイプも販売されます。

 着丈肩幅胸周り袖丈
通常サイズ69cm39cm96~104cm21cm
袖短め71cm39.5cm96~104cm13cm

なお、袖を短くしすぎてしまうと脇汗を吸いきれず、ワイシャツが濡れてしまいます。15cm程度は残しておくと良いと思います。

 

 

AIRism研究

UNIQLOが東レと共同開発した髪の毛の12分の1の極細繊維で作った肌着です。袖と首周りが切りっぱなしになっています。

特徴としては、
● ドライ効果…汗をかいてもすぐ乾く
● 消臭効果 …臭いの元を吸着・中和させる
● 抗菌・防臭…臭いの元となる雑菌の繁殖を防ぎ、汗などの匂いを抑える
● 接触冷感…着た瞬間にひんやりして、涼しい着心地を体感できる

夏場に着ることを考えると、「ドライ効果」と「接触冷感」は助かります。
値段は1,500円です。最近は値下げされ、990円で売られることが多いです。

 

 

トルソーに着せてみた

AIRismをトルソーに着せてみました。
生地のドレープ感から分かるかもしれませんが、とにかく軽くて柔らかいです。
着ていることを忘れてしまうくらいです。

AIRism正面

AIRism正面

 

 

生地が軽くて柔らかいので、脇の縫い目はほとんど気になりません。

AIRism側面(裏)

AIRism側面(裏)

 

 

それよりも、何よりも、この大きなタグが問題です!
確かに、柔らかい素材を使っているので、気にはならないのですが、エレガントさに欠けます。
今後の改良でタグを転写することを望みます。

AIRismタグ

AIRismタグ

 

 

肌着の上にYシャツを羽織ってみました。
SEEKよりは透けない気もします。

AIRismをYシャツに合わせる

AIRismをYシャツに合わせる

 

サイズは以下の通りです。Lサイズの寸法です。

着丈肩幅胸周り袖丈
72cm42.598cm17cm

袖丈が17cmだと、半袖から肌着が見えることもありません。絶妙な丈です。

 

 

まとめ【SEEK v.s. AIRism】

6月〜9月の4か月間着比べてみました。時系列で感想を書きます。

① 6月

蒸し暑さを感じ始める6月に両者を着比べてみました。

● 防臭効果の差は感じられず
→ 1日着るとどちらも若干臭う。半日で取り替えるのがベストか?
● シルエットの差は感じられず。
● 気温が30度を超えるとSEEKは少し暑い。
となりました。

目が詰まっている分、SEEK は高温下ではしんどかったです。
AIRism は「接触冷感」の効果で涼しさが維持できます。

一応、夏用SEEKなる物も買ってみましたが、若干、着心地(生地がザラザラしている)に変化は感じられるものの、通年タイプのSEEKと大差ありませんでした。

 

結論:夏の間は AIRismで涼しく過ごすのが良い

 

② 7月・8月

7月を過ぎると気温も一気に上がり、35℃を超える日も出てきました。汗が吹き出ると言っても過言でない猛烈な暑さの中、さらに着比べてみました。

新たな発見がありました。

SEEK … 素材が綿なので、汗の吸収力は抜群。でも、1時間経っても濡れたまま。
AIRism … 素材がナイロン+ポリウレタンなので、汗の吸収は綿には劣る。その後は、綿よりはさらっとしている。イメージとしては、ジムで着るナイロンのTシャツに近い。

SEEKの汗の吸収は抜群です。さすが、綿といったところでしょうか。高温になる午後の移動の際には大活躍してくれると思います。でも、「ビチャ〜」っとしたままなので、着替える必要があります。いくら、「汗ジミ防止加工」がしてあるとはいえ、びしょびしょに汗をかいてしまうと、効果は半減します。

AIRismは素材が「ナイロン+ポリウレタン」なので、汗を吸収するというより、外に排出するイメージです。上にYシャツを着ているので、せっかく汗を吸いだしても、Yシャツでブロックされてしまいます。激しく汗をかく時間帯はSEEKの方に分があるか?

 

結論:涼しい時間帯は AIRism。暑い時間帯の移動がある人は SEEKを着用して、着替えるのがよろし。

 

③ 9月

9月上旬はまだまだ暑く、動くと汗が吹き出る状況は変わりません。その後も、毎日着比べていたのですが、9月初めにさらなる変化がありました。

AIRism が汗臭く感じられるようになったのです。着用した後の生地からだけでなく、洗って干した後の生地からも汗臭さを感じるようになりました。

 

どうしたものかと思い、色々調べたら、こんな記述を見つけました。

吸湿速乾生地では、汗の水分だけが先に蒸発し、臭い物質は生地に取り残されてしまいます。結果として凝縮されたひどい臭いがただようことになる。

ニオイNAVI 洗っても取れない?洋服についた脇の臭い対策マニュアルより引用

どうやら化繊は臭いがつきやすいようです。

生地に汗臭さがついてしまい、着用した直後から汗臭いのではさわやかさ(?!)も台無しです。というわけで、AIRism は夏用の肌着候補から脱落しました。以下が最終結論です。

 

最終結論: SEEKを着用し、汗をかいたらまめに着替えるのがよろし。

 

4か月に渡る試行錯誤に結論が出てホッとしています。来年からは、SEEKで夏を乗り切ろうと思います。

 

 

関連記事

  1. #3 HALISONの靴下を購入しました

    ある日、ジャケットを作りに “LOUDGARDEN (@ 外苑前)” に行ったら、見慣れない靴下が大…

  2. #137 カバーソックス対決:SEEK と kanoko を比べ…

    昨年、『#28 カバーソックス 』で、どのカバーソックスが一番優秀かを比較検討しました。「SEE…

  3. #28 カバーソックス

    夏が近づくにつれて、カバーソックスの出番も増えてきました。今回は、どういうカバーソックスがベスト…

  4. #4 Hanes Hの下着を購入しました

    前回の「靴下問題(#3 HALISONの靴下を購入しました )に引き続き「問題シリーズ」第2弾です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

銀座近郊に住む、洋服好きな男性の日常を書いた雑記ブログです。

 

体験したことを丁寧に書くように心がけています。

 

『新し物好き』なので、流行りのイベントに関する記事が多く出現します。

 

拙いブログですが、誰かの役に立てば幸いです。

 

ペンネームは「アイスクリーム」です。

 

イラストはあくまでイメージです (笑)

美味しい野菜が食べたくて

記事書きました → こちらからどうぞ



 
 
 

洋麺屋五右衛門パスタを買ってみた

抜群に美味しかったです → 記事はこちらからどうぞ



 

 

人気ブログランキング

ご覧いただきありがとうございました。 このブログはブログランキングに参加しています。ポチッと押していただけると、励みになります。
PAGE TOP