#201 誠眼鏡店(新宿店)でメガネを買いました

彼女に「今年はメガネを何個か買いたい。でもメガネって高いからなかなか手が出ない」という話をしたら、メガネ屋を教えてくれました。

都内に2店舗(銀座店・新宿店)を構える「誠眼鏡店 」です。

クオリティーの高い「中古」眼鏡を販売するお店です。

今回、この店でいい買い物ができました。

気分がいいので、力を入れて紹介します(笑)

 

* 注意 … 定休日は新宿・銀座店とも「火曜日」・「木曜日」です。

 

前回、メガネを購入した時の話はこちら。

 

誠メガネ店(新宿店)への行き方

新宿駅西口から5~6分です。
目印が多いので、行きやすいと思います。

 

① 新宿駅西口に出る

向かって右にある「小田急ハルク(ビックカメラ)」の歩道橋へ行ってください

新宿駅西口がスタートです

ビックカメラの横を通ります

 

 

② 歩道橋をどんどん進む

歩道橋を途中で降りず、「河合塾」「Paloma」「宝塚大学・大学院」が見えるところまで進んでください。

道なりに進みます

 

 

③ 歩道橋を右に進む

「Paloma」のところまで進んだら、右に進んでください。

さらに進みます

突き当たりを右に

 

③ 「牛角」の方へ進む

焼肉の「牛角」が目印です。1分ほど進むと到着です。

牛角の方向へ歩きます

到着です!

 

誠メガネ店(新宿店)の内装

インテリア店のような、おしゃれな店舗です。
メガネは黒のキャビネットの中に入っています。

* お店の人曰く、男性向けのメガネは「新宿店」の方が豊富だそうです。

メガネはラックの中に

入り口

視力を検査する機械周辺

 

 

今回買ったメガネ

少しアクの強いメガネが欲しかったので、太いフレームのものを選びました。
今回選んだのは Oliver Goldsmith、値段は 27,500円 でした。

今回買ったメガネ

 

今回、試着したメガネたち。
品ぞろえ、結構、豊富でしょ?

今回試着したメガネ

 

レンズ

レンズは前回の買い物で懲りたので(→「#190 銀座三越で propo design のメガネを購入しました 」参照)慎重に選びました。

店員さんと相談して、0.6くらいの度(→ 近場を見るのに適した度数)のレンズを入れました。

今回選んだレンズは「HOYA 1.60 非球面 VPコート(2枚1組) 」で7,800円でした。
* 通常価格は8,800円。メガネを購入すると1,000円引き。

何回か着用しましたが、違和感ありませんでした。このレンズでも十分行けると思います。

 

今回の費用の合計

今回かかった費用の合計は以下の通りです。

● フレーム 27,500円
● レンズ 7,800円

合計 35,300円でした

 

まとめ

中古のメガネに最初はかなり抵抗感あったのですが、お店に行き、商品を手にとったら印象が変わりました。

ほとんどの商品が新品と変わりません。レンズも安いし、かなりお勧めできます。

レンズの種類も色々ありました。(* 色付きレンズ・調光レンズなど多岐にわたる。どれもリーズナブルな価格でした。)

もちろん、レンズだけを交換することもできます。手持ちのメガネの度が合わなくなった場合もOKです。

ちなみに、今回紹介しなかった銀座店ですが、「ユニオンワークス 」と同じ建物にあります。銀座一丁目、IDC大塚家具の裏手です。

 

彼女がダンボー用のメガネを作ってくれました

 

あっ、でも、一つだけ、欠点があります。この店ワンオペです。
店長一人でやりくりしているので、先客がいるとかなり待ちます。
時間にゆとりがある時に行った方がいいかもしれません。

 

 

関連記事

  1. #226 メガネを見に、南青山の「CRADLE」に行ってきました…

    珍しく、丸1日休みだったので、都内を散策してきました。いつもと趣を変えて、時系列順に書いてみ…

  2. #190 銀座三越で propo design のメガネを購入し…

    「5年ぶりにメガネを買う」の巻重要なファッションアイテムであるにもかかわらず、5年も放置してしま…

  3. #216 「文字入りサングラス」を購入しました

    テレビCMで有名になった「文字入りサングラス」を購入しました。かなり使えそうな面白アイテムなので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

銀座近郊に住む、洋服好きな男の日常を書いた雑記ブログです。

 

☆ 好きなもの ☆

 

● dress up
● 美味しい食事
● 美味しいデザート
● 素敵な音楽・映画
● 情熱を込めて作られた器
● マラソン

 

ペンネームは「アイスクリーム」です。

 

イラストはあくまでイメージです (笑)

高級時計は大人の嗜み

→ 詳しくは「#224 The Watch Company に行って来ました」をご覧ください

人気ブログランキング

ご覧いただきありがとうございました。 このブログはブログランキングに参加しています。ポチッと押していただけると、励みになります。
PAGE TOP