#39 Blueair 空気清浄機270E Slim

スポンサーリンク

きれいな空気の中で

ボーナスシーズンということで、家電製品を買い替えました。
Blueair ブルーエア空気清浄機270E Slimです。amazonで37,350円(18,850円 34%OFF)でした。

Blueair 開封の儀

簡単3ステップです。

1:梱包用の段ボールを外す。持ち手の部分が内箱にめり込んでいるので引っ張り出しましょう。

外箱①

外箱①

2:内箱も丁寧に外す。

外箱②

外箱②

3:箱から取り出し完了!

本体

本体

フィルターはすでに入っている状態で送られてきます。電源を入れればすぐに使えます。
ほとんど悩むことのないシンプルな操作性。無駄を削ぎ落とした躯体。Macに通ずるものを感じます。

本体は、幅440×奥行210×高さ530mmです。普通の家にはこれくらいがちょうどいいと思います。

空気清浄機 Blueairについて

amazonから その1

amazonから その1

amazonから その2

amazonから その2

amazonから その3

amazonから その3

現在、このシリーズは3種類発売されています。
● 270E Slim
● 450E
● 650E

大きさは、以下の通りです。

 奥行き高さ
270E slim
440mm210mm530mm
450E500mm275mm590mm
650E500mm340mm660mm

上位2機種は、「ダストフィルター」だけでなく「ニオイフィルター」もラインナップされているようです。ただし、使えるのはどちらから一方とのこと。

 ダストフィルターニオイフィルター
270E Slim5,030円なし
450E7,280円12,762円
650E9,970円(3個)15,678円(3個)

最上位機種は、フィルター3個分の値段だそうです。お買い得なんですね。プリンターのトナーと同じ感覚ですかね?

また、amazonのカスタマーレビューによると、

「ブルーエアの最上位機種 650E は何故か『フィルタの前に』ファンが付いており、おまけにプレフィルタも無いから、ファン自体があっという間にホコリまみれになってしまう。450E と 270E のファンはフィルタの後ろなのでファン自体が汚れる事はない」

とのこと。最上位機種は改良の余地ありといったところでしょうか?

270E新旧

我が家には、旧式の270Eもあるので、新旧比較をしてみたいと思います。

270E 新旧

270E 新旧

270E 新旧比較

270E 新旧比較

 奥行き高さ重さ
270E432mm241mm533mm11kg
270E Slim(新型)440mm210mm530mm9.5kg

奥行きが3cm小さくなっただけなのに、随分コンパクトになった印象を受けます。
ちなみに、フィルターは同じものを使います。

フィルターの交換

Blueair はフィルターの交換も3ステップで簡単です。

1:外箱を外す

外箱

外箱

2:フィルターを取り出し、梱包されている薄いナイロンを上手に切る。

フィルター本体

フィルター本体

3:後ろの扉を開けて、フィルターを取り替える。
その際、多少ほこりが出るので、掃除機で軽く吸い取ってあげると、気持ちスッキリです。

フィルターの入れ方

フィルターの入れ方

ちなみに、

操作パネル

操作パネル

フィルターを取り替えたら、[TIMER]ボタンを5秒以上長押しするとリセットされます。
ちなみに、ダンボーが指差している  [188] という数字は「フィルター交換までの日数表示」だそうです。

加湿器機能付き空気清浄機の是非について

今回、270E Slim を買ったのは、写真の右のシャープの空気清浄機と入れ替えるためです。

加湿器付きは?

加湿器付きは?

ここに引っ越してくる前から、大活躍だったシャープの “加湿器機能付き” 空気清浄機ですが、一つ、致命的な欠点があります。

加湿する仕組みは、『タンクに入れた水を、一旦トレーに移し、その中に、円形の紙フィルターを浸し不純物を取り除き、綺麗になった水に空気を当て、蒸発させる』というものです。

実は、このフィルター、1か月くらいで、雑巾のような匂いを発します。当然、空気清浄機から出てくる風も、柔道部の部室のような匂いに…フィルターを洗っても効果がなかったので、結局、交換しました。それ以来、水を入れずに使っていました(汗)加湿機能が欲しい時は、加湿器(ハイブリッド式)を買うことをお勧めします(後日、記事にします)

現在、270E Slimは寝室に置いてあります。何か問題があれば、この記事の下に [追記] として、続報を書きたいと思います。

トップへ戻る