#385 パンツのボタンをメタルに変更しました

デニムパンツのボタンが取れてかかってきたので、デニムボタン(ネオバーボタン・メタルボタン・リベットボタン)に交換しました。

学んだことがいくつかあったので、他の方の参考になればと思い、記事にしました。

 

 

デニムパンツのフロントボタンが・・・(涙)

圧がかかるからでしょうか?

デニムパンツのフロントボタンが緩くなってきました。

トイレに行くたびに気になって仕方ありませんでした(汗)

 

自分で縫おうとも思いましたが、また取れるのも嫌なので、ジーンズのリベットボタン(のようなもの)に変えてみることにしました。

 

 

デニムボタン ネオバー無地(NP-1-17) 17mm  に交換しました

元のボタンが 17mm だったので、同じ大きさのデニムボタン(ネオバーボタン・メタルボタン・リベットボタン)を選びました。

パンツによってボタンの大きさが違うので、要測定です。

 

 

リンクです。今回はオカダヤさんで購入しました。

* この手のものはお店に行っても無いことが多いので、(送料がかかっても)ネットで買うようにしています。

 

 

手順です。

まずボタンを取ります。

元のボタンの位置は覚えておいてください。

* 新品のパンツでボタンを取ると、跡が残りません。要注意です。

ボタンをとります

 

 

 

その時、ボタンのピン(尖っている方)が入るか確認してください。

今回は穴が小さかったので、千枚通しのようなもので少し広げました。

今回は穴を少し広くしました

 

 

 

取扱説明書には「裏側」から叩くように指示が書かれていました。

取扱説明書です

 

あくまで裏側から叩く

 

何回かチャレンジしたのですが、うまくいかなかったので、「表側」から叩いてしまいました(* タオルをボタンの上にかけ、その上から叩きました)

ボタンに柄があるときは潰れてしまう可能性があるので、裏側から叩くのが良いでしょう。

 

 

ひとつ注意点があります。

フローリングの上でボタンを叩くと下の階にすごく響きます

僕は何回か叩いて、すごい音がしたので、「外廊下(家の外)」に段ボールを敷き、その上から叩きました。

割と強めに3回くらい叩いたと思います。

 

 

その後の経過

上のデニムパンツですが、その後ボタンは取れていません

取り換えたのが4月くらい(半年前)で、その後10回以上履いたのですが、びくともしません。

叩きが甘いと抜けてしまいますが、そのときはもう一度叩けば大丈夫です。

良い買い物をしました。

 

 

 

コットンパンツのボタンも取り替えました

後日、ネイビーのコットンパンツのボタンも取れかかったので、デニムボタン(ネオバーボタン・メタルボタン・リベットボタン)に交換しました。

 

 

内側のボタンも取れかかっていたので、こちらも交換しました。

しわくちゃでスイマセン(汗)

生地が薄いと破れてしまうので、そのときは当て布をして生地の厚みを増やしてください。

 

出来上がりです!

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

銀座近郊に住む、洋服好きな男の日常を書いた雑記ブログです。

 

☆ 好きなもの ☆

 

● dress up
● 美味しい食事
● 美味しいデザート
● 素敵な音楽・映画
● 情熱を込めて作られた器
● マラソン

 

ペンネームは「アイスクリーム」です。

 

イラストはあくまでイメージです (笑)

高級時計は大人の嗜み

→ 詳しくは「#224 The Watch Company に行って来ました」をご覧ください

姉妹サイト作りました

「やっぱり服が好き3」からスピンオフした2つのブログを紹介します。

 

1つめは「通販めし 」です。

 

「通販で買えるご飯・デザートは美味しいのか?」をテーマに食を追求していきます。

 

通販めしのロゴ
 

 

もう一つは「宅配クリーニング研究 」です。

 

世にある宅配クリーニングの中で優秀なお店はどこなのかを探っていきます。

 

宅配クリーニング研究のロゴ

どちらのサイトも丁寧に、誠実に、情熱を込めて作っていきます。

 

少しずつ記事が増えていくと思うので、よかったらこちらにも遊びに来てください。

 

 

* 画像をクリックしても当該サイトに行けます

PAGE TOP