#68 DENTS 手袋

スポンサーリンク

手袋で悩む

手袋に関しては特に好きなブランドもなく、例年、BEAMSや新宿伊勢丹で20,000円前後のものを買ってます。

ワンシーズン使うとシワシワになってしまうので(下の写真参照)、シーズン毎に買い直しをしています。

手袋をワンシーズン(12月〜3月)使うとこんな感じになります

手袋をワンシーズン(12月〜3月)使うとこんな感じになります

「今年はどんな手袋を買おうか?」と悩んでいるときに、タイミングよく、商品紹介のメールが届きました。

大人の階段を一歩登る

先日、 “Modern Blue” さんから新着情報のメールが届きました。

モダンブルーからこんなメールが

“DENTS”という高級手袋を紹介するメールでした。
手袋に詳しくない僕でも“DENTS”という名前は聞いたことがあります。BEAMSで、5〜6万円くらいで扱われているのを見た記憶があります。

“Modern Blue”さんの “DENTS” のページを見ていると、最高級のヘリテージコレクションから比較的手を出しやすい価格のものまで色々ありました。いきなり最高級ラインに手をだす勇気がなかったので、今回は少し下のランクのものを買いました。

DENTS LEATHER(ブラック)を購入しました。値段は、15,000円でした。サイズは8です。

DENTS ブラック(表)

DENTS ブラック(表)

表地はディアスキン、ライニングにはカシミアニットが使用されているそうです。指の部分は「手縫い」で表情のある仕上げになっています。

DENTS ブラック(裏)

DENTS ブラック(裏)

DENTS ブラック(裏地)

DENTS ブラック(裏地)

ライニングはそんなにふかふかしてません。都内の冬(5℃前後)ならギリギリ耐えられる程度の厚みです。

* Modern Blue さんは並行輸入のお店で、かなり良心的な価格設定をしています。同じようなものを他のサイトで見たら5,000~10,000円くらい高かったです。

実は、もう一つ買いました。
DENTS LEATHER BARK(ブラウン) です。こちらは11,000円でした。こちらもサイズは8です。

DENTS ブラウン(表)

DENTS ブラウン(表)

表地はヘアーシープ、ライニングにはカシミアニットが使用されているそうです。指の部分は「内縫い」になっていてシャープな印象を醸し出しています。

DENTS ブラウン(裏)

DENTS ブラウン(裏)

DENTS ブラウン(裏地)

DENTS ブラウン(裏地)

こちらも裏地は薄めです。極寒地向けではありません。

ワンシーズン使って様子をみたいと思います。

気に入れば、来年あたり、最高級モデルあるヘリテージコレクションの “DENTS Peccary M15-1564 ”(ペッカリー → 南米産イノブタのこと)に挑戦してみたいです。でも5万以上するような……ふむふむ、頑張って働こう(汗)

補足:手袋のサイズについて

今回買った手袋は、共にサイズ8でした。

手袋のサイズ

ちなみに僕のサイズは以下の通りです(* 手袋をした状態で採寸)

手のサイズ(手袋を着用した状態で採寸)

手のサイズ(手袋を着用した状態で採寸)

手袋専門サイトによると「手囲い」とは「親指の第一関節とほぼ同じ位置になる生命線の始点を始めとし、そこから、小指の付け根と手首までの間を三分割にした時の下の部分を通って、手を一周した時の長さを表したもの(Ergo Grip)」だそうです。上の写真だと斜めの「21.5cm」が手囲いに当たるみたいです。

手袋はかなり伸びるので、小さいものを買うぶんには問題ないのかもしれません。試着できないのは悩ましいですね。

ちなみに、手袋をしない状態だと 横方向 19.5cm:斜め方向 (小指の付け根から親指の内側の付け根を採寸)20.5cmです。

トップへ戻る